オトナ大学とは?

社会人3年目からのオトナ大学

社会人三年目からのオトナ大学(以下、オトナ大学)は『早くからから天命を知り、天命に生きる人をあらわす』ことを使命として掲げ、20〜30代の方に交流会やイベント、実践を中心とした様々な講義を通して「チャレンジ・変化・本質」を得られる場を提供しています。天命とはこの人生で自分に与えられた使命、役割です。

社会に出て3年が経つと「自分はこのままでいいのだろうか」「自分はどんな人生を歩んでいくのか」「自分の本当にやりたいことは何か?」などの様々な不安や課題に直面します。自分の心の奥底にある魂から出てくる思いを原動力にして、講義やゼミ、部活などに自分から参加していくなかで、自身の変化や成長があり、抱いていた不安は自分の中で糧となり、大きな自信となるでしょう。

オトナ大学での講義は自らの天命を知る必修講座、そして必修講座修了後のメンバーが自分たちで企画する講義、ゼミ、部活などから構成されています。どれも「実践」が原則です。オトナ大学の受講生が自ら講義を運営し、受講生同士で学びあい、社会に形としてあらわしていく、それが新しい時代を作っていきます。

活動実績